ラボグロウンダイヤモンドの製造に関する特許違反が原因で、米国にてラボグロウンダイヤモンド業界での大手3社が提訴されるというニュースが1月初旬に報道されました。

一連の流れをまとめました。

大手ラボグロウンダイヤモンド企業を提訴

1月初旬、ワシントンのカーネギー研究所とWD Lab Grown Diamondsの正式名称であるM7D社は、化学蒸着法でダイヤモンドを成長および強化するためのカーネギー所有の製造特許を違反したとされる6つのラボグロウンダイヤモンド企業を提訴しました。

ニューヨーク州南部地方裁判所に提訴された訴訟は、3社のラボグロウンダイヤモンド企業を対象としています。
PureGrown Diamondsはニューヨーク市にあり、IIa Technologiesはシンガポールにあります。ニューヨークに本拠を置くフェニックス・ダイアモンド、インドに本拠を置くマヘンドラ・ブラザーズ。およびALTR Inc.およびR.A.ニューヨークに本拠を置くRiam Group。

同様の表現を使用し、同様の主張をする3件の訴訟は、M7Dがライセンスを保有する2つのカーネギー機関の特許を侵害していると主張しています。

提訴内容では、2005年2月に発行された最初の特許番号6,858,078は、マイクロ波プラズマプロセスを使用してCVDダイヤモンドを製造する方法を訴えています。
2010年4月に再発行された2番目の特許RE41189は、高圧高温処理を使用してダイヤモンドの視覚的品質を向上させる方法、つまりアニーリングと呼ばれることもあります。処理されていない化学蒸着で成長したダイヤモンドは、「グロウン」として知られています。

3社の苦情によれば、争点となっている特許は「ラボグロウンダイヤモンド産業にて、ラボグロウンダイヤモンド製造業者、輸入業者、販売業者などではよく知られている生成方法である」

原告は、著作権を侵害しているとされるラボグロウンダイヤモンドの製造に対する差し止め命令を求めており、またM7Dとカーネギーは、侵害製品の過去の販売から「合理的なロイヤリティ」の支払いを求めています。

9月に任命されたWDの最高経営責任者であるスー・レヒナーは、JCKに次のように語っています。 「訴訟を開始するという決定は、企業が軽視するものではありません。通常、最後の手段です。私たちは訴訟に行きたくありませんが、もし必要ならしなければなりません。私たちは知的財産が尊重されることを固く主張しています。」

この行動は、ラボグロウンダイヤモンド市場を混乱させることを意図したものではないと彼女は言います。

「私たちは、品質と完全性がこの業界の柱であり続けることを確認したいと考えています。そのために、WDは、業界の整合性を維持するビジネス契約を入力することに対してオープンです。しかし、私たちがそれらの手配ができないならば、私たちは引き続き主張します。」

この動きは昨年5月に電信送られました。WDの幹部がJCKに、特許侵害と思われる行為に対して法的措置を講じる計画であると伝えました。当時、彼らは米国のラボグロウンダイヤモンドを取り扱う小売業者をターゲットにすることを計画していたことを示しました。ただし、この措置には、ラボグロウンダイヤモンドを海外で生成する卸売業者と製造業者が含まれます。

レヒナーは、「私たちの法的戦略について話す準備はできていません。これらの目標や追加の目標について議論する自由はありません。これは、私たちがしなければならないことを行い、IPを真剣に受けとめるという、市場への重要なコミュニケーションの始まりです。」

プレスに対しての回答はなく、 ALTRの担当者は、JCKが連絡するまで訴訟について聞いていなかったと回答しました

ラボグロウンダイヤモンドに関係する知的財産訴訟はこれだけではありません。 2016年、デビアスが所有するElement Sixは、特許侵害でIIa Technologiesを訴えました。この訴訟により、Element Sixは米国のPure Grown Diamondsに対して開示手続を強制しようとしました。その際にIIaは侵害を否定しました。

下記記事参考
https://www.jckonline.com/editorial-article/wd-sues-six-lab-grown-diamonds/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top