一般的なダイヤモンドの価格を決定する要因は、大きく分けると「需要と供給」「外国為替相場」「流通経路コスト」「品質」があります。

中でも、最重要は「品質」です。

需要と供給

一般的なダイヤモンドは原油などと同じように、需要の市場動向に供給量を調整することによって相場が決まっています。

ダイヤモンド原石は、デビアス社のDTC(ダイヤモンドトレーディングカンパニー)が決定し、その他企業の取引もそれに近い相場となります。

外国為替相場

一般的なダイヤモンドは日本では生成されないので、全て輸入品です。

そのため、輸入されるときの為替レートによっても価格が変わります。

ドルに対して、円安になればダイヤモンドは高くなり、円高になれば安くなります。

流通経路コスト

最終的な価格は、小売店舗までにかかる中間マージンが大きく影響しています。

一般的なダイヤモンドは、多くの中間業者が介在する事で、たくさんのマージンが負荷されていきます。

特に小売店舗では、在庫維持費や人件費や広告費も必要となり、価格が上がってしまいます。

品質

ダイヤモンドは、4Cと呼ばれる(重さ、輝き、色、透明度)国際的に統一した基準があります。

鑑定機関などで、厳格に評価されたダイヤモンドには、指標となる国際相場に合わせ価格が決められます。

当ショップの価格の秘密

「なぜこのショップはこんなにリーズナブルな価格でダイヤモンドが買えるのか?」多くのお客様からこのような声を頂いています。

当ショップが、本物のダイヤモンドを他よりリーズナブルな価格で買える理由は、扱っているダイヤモンドがラボグロウンダイヤモンドであること、そしてその画期的な販売システムにあります。

ラボグロウンダイヤモンドについては、以下の記事をご覧ください。

https://labgrown-diamond.jp/labgrowndiamond/

画期的な販売システムについて、ご紹介します。

先述した通り、一般的なダイヤモンドは流通経路でたくさんのマージンが負荷されています。

海外のダイヤモンド取引所、輸入商社、ジュエリー製造業者、メーカー、国内の卸業者や小売店などです。

ここまで来てやっと、お客様の目に触れることになります。

しかし、Lab Grown Diamond Shopではこうした現状を一新すべく、インターネット販売と直販構造によりリーズナブルな価格を実現しました。

これによって、お客様の元に届くまでのマージンをできるだけカットしております。

また、実店舗の場合にダイヤモンドの価格に上乗せされてしまっている、在庫維持費や人件費、広告費などのコストも一切かかっておりません。

もちろん、当ショップで販売されているダイヤモンドは全て本物のダイヤモンドでありピュアダイヤモンドでも希少なものを用意しております。

価格はリーズナブルですが、品質はそのまま、もしくはそれ以上の状態となっています。

ダイヤモンド本来の適正価格で、多くのお客様に「極上の輝き」をご提供します。

鑑定機関からの公式の鑑定書もお付けしますので、安心してお買い求めください。

Scroll to Top