ラボグロウンダイヤモンドの知名度は、日本ではまだ当ショップ「Lab Grown Diamond Shop 」くらいですが、アメリカではミレニアム世代を中心に認知度が高まっています。
世界最大手も参入が決まり、ラボグロウンダイヤモンド市場は更に成長していくことが予測されます。
もし参入企業が増加し生成量が増えた場合、天然ダイヤモンドの需要はどんどんなくなっていくのでしょうか?
ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの今後について、考えていきたいと思います。

 

ラボグロウンダイヤモンドの生成量増加の背景

ダイヤモンドと同じカットを施し、ダイヤモンドと同じ輝きを発するラボグロウンダイヤモンドですが、一番重要なことは、本物のダイヤモンドであるということです。
専門家でさえも目で見ただけでは天然のダイヤモンドかラボグロウンダイヤモンドかという区別はつきません。
人間の手でつくり出されたといっても、天然ダイヤモンドと化学構成が全く同じなのですから、識別困難であっても無理はないでしょう。

短時間でつくれる

ラボグロウダイヤモンドの生成法には主に2つの方法が用いられます。
1つは、HPHT(High Pressure High Temperature )といい、超高圧で超高温の状態(地中奥深くの環境)を機械内で再現し、ダイヤモンドの元である炭素を結合させる方法です。
もう1つは、CVD(Chemical Vapor Deposition)といい、真空状態で炭素を含んだガスを分解させることで結晶をつくらせる方法です。
年月をかけることで、より質の高いダイヤモンドを生成することができますが、一般的には数週間で宝石に使えるダイヤモンドが完成するといいます。

生成コストが安い

天然ダイヤモンドよりも、3割から5割程度も安く消費者の手に届くのがラボグロウンダイヤモンドです。
本物のダイヤモンドであるうえに安いということだけではありません。
ラボグロウンダイヤモンドは、鉱山を掘り起こすことから懸念される環境汚染の心配がないのです。
地下の深い場所でダイヤモンドが生成される環境を研究室でつくり出すので、土を掘り起こしたり、水源を汚したりしません。
また、天然ダイヤモンドの鉱山では過酷な労働条件が問題視されることがしばしばありました。
ダイヤモンド資源を巡って紛争が起きたこともあります。
そういった環境問題や社会問題とは無縁の点も、ラボグロウンダイヤモンドが支持をされている理由と言えます。
実際、アメリカの1981年から2000年までに生まれたミレニアム世代では、ラボグロウンダイヤモンドの人気が高まっています。
また、多くの専門家が、2020年までにはラボグロウンダイヤモンドの市場は大幅に拡大すると予想しています。
ラボグロウンダイヤモンドの生成量が、大きく伸びることは間違いないでしょう。

 

意外な使い道

昔からダイヤモンドの輝きは、多くの女性を魅了しています。
指輪やネックレスなどのジュエリーとして、素晴らしい商品が宝石商のウィンドウに並んでいます。
しかし、宝石として使用するには透明度や輝き、質量、色といった4つの角度からの質を満たさなければいけません。
天然で採れたダイヤモンドのすべてが、宝石に使用できるほどの質を持っているわけではないのです。

宝石ダイヤモンドになるには質も量も満たす必要あり

ダイヤモンドという石が、指輪やネックレス、イヤリングとして形を変えるには、それなりの輝きを発するようにカットが施されなければいけません。
そのカットを施すためには、まずそれなりの大きさのダイヤモンドが必要になります。
1グラムの質の高いダイヤモンドを手に入れるために、1トンもの土を掘り起こすことがあるといいます。
また、ダイヤモンドの石に窒素といった不純物が多く含まれると、透明度がなくなり、黄色みが強くなってしまいます。
あまりに強く不純物が含まれるダイヤモンドは、宝石には使用できません。

宝石に使用できないダイヤモンドの行方

ダイヤモンドでも宝石として使用できないものは意外に多くあることがわかります。
しかし、ダイヤモンドは天然に存在する物質で一番硬い物質です。
ダイヤモンドを磨くにはダイヤモンドが必要だといわれます。
つまり、宝石としての価値が低いダイヤモンドは産業用として使用する道があるのです。
ダイヤモンドの硬い性質を活かせば、宝石のような輝きがなくても十分に役に立ちます。
日本でも産業用に使用するダイヤモンドを研究所で生成しているところがあり、これもラボグロウンダイヤモンドです。
改良によってダイヤモンドをより硬度にして、生成量は伸びているといいます。
ラボグロウンダイヤモンドは宝石としてだけでなく、産業用として世の中に出回っているのです。

 

天然ダイヤモンドへの影響

ラボグロウンダイヤモンドの人気が高まるということで、天然ダイヤモンドの需要は急激に下がってしまうかもしれないと心配する人がいるかもしれません。

ラボグロウンダイヤモンドへの期待

2017年までは、ラボグロウンダイヤモンドの市場は天然ダイヤモンドのほんの数%程度といいます。
ダイヤモンドに比べると、知名度も人気もまだまだなのかもしれません。
しかし、ハリウッドの人気俳優レオナルド・ディカプリオ氏は、早くもこの市場に目をつけて企業に出資をしています。
また、これまでにラボグロウンダイヤモンドには反対の姿勢を貫いていた世界最大手の企業も、立場を翻すかの如く、ラボグロウンダイヤモンド専門のブランドを立ち上げました。
天然ダイヤモンドのトップ企業でさえも、ラボグロウンダイヤモンドの生成量の拡大は無視できない状況だと予測しているのです。
世界最大手のラボグロウンダイヤモンドへの参入ですから、消費者への知名度も急速に上がることが予測できます。

世界最大手の予測

ラボグロウンダイヤモンドは、赤や青といった希少な色のダイヤモンドをつくり出せますし、手軽な値段で購入できるという点から、もっと身近に身につけて、おしゃれを楽しめることが期待されます。
また、どれだけラボグロウンダイヤモンドの人気が高まっても、天然ダイヤモンドにこだわりたいという消費者の声があることは事実です。
アメリカのミレニアム世代では、質が良く、より安いラボグロウンダイヤモンドを支持する人が増えていますが、一方でミレニアム世代より上の世代になると、天然であることにこだわる人が多いようです。
ラボグロウンダイヤモンドの人気が高まったからといって、天然ダイヤモンドの需要が一気に下がるというわけではないでしょう。
また、ルビーやサファイアなどの合成宝石はみな天然の宝石と共存できていることから、ラボグロウンダイヤモンドも、天然ダイヤモンドとの共存が可能だとする専門家の声もあります。

 

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの共存への課題

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドがともに生き残るためには、両者の識別をはっきりさせることが大切だという指摘があります。

販売の仕組みを整える必要性

ラボグロウンダイヤモンドの質が向上して、より質の高いダイヤモンドが安価で手に入るのは消費者にとっては喜ばしいことです。
ラボグロウンダイヤモンドの開発前は質の悪いダイヤモンドを取り扱う店がありました。
安価でダイヤモンドを販売するためです。
ラボグロウンダイヤモンドが市場に出回り、生成量が伸びることで、質の悪い天然ダイヤモンドはどんどん姿を消すことになるといわれています。
ダイヤモンドの質が上がるということは良いことですが、天然ダイヤモンドにこだわる声があるのも無視できません。
何より、天然ダイヤモンドを取り扱う業者にとっては死活問題です。
ラボグロウンダイヤモンドは天然に比べて3割から5割近くまで安価といわれています。
ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドとをしっかり分けて販売する仕組みを整える必要があるでしょう。
ダイヤモンドの信頼性と透明性を高めて、消費者が安心して、自分の望むダイヤモンドの購入ができなければいけません。
そのような仕組みがつくられることでまた、安定したラボグロウンダイヤモンドの産生量を保つことにつながり、天然ダイヤモンドの天然としての信用性も保たれます。

 

ラボグロウンダイヤモンドの購入は「Lab Grown Diamond Shop 」で

人間の技術によって生成されたラボグロウンダイヤモンドは、物質的にダイヤモンドであることが証明されています。
工業用としてはこれまでも使用されてきたのですが、研究が進んで、宝石用としても市場に出回り始めています。
ラボグロウンダイヤモンドのご購入を希望の際は、ぜひ当ショップ「Lab Grown Diamond Shop 」をご利用ください。
豊富な品ぞろえと安心の返品制度で、お客様に合ったラボグロウンダイヤモンドをお届けします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top